ABOUT

「本当は、私たちの肌ってとても綺麗なんです。」

日本人って、
ファッションからネイルなどの細部にまで
一人ひとりにこだわりがあって、美意識が高い。

それなのに、電車に乗っていて気になるのは、
多くの人の肌が荒れていたり、
くすんでいるということ。

澄みきった空があってこそ星が輝くように、
本来の美しさを発揮できるような、

澄んだ肌をつくりたい。

 

チャンスをモノにする「300点の肌」

私の肌は生まれつき敏感で荒れやすくて、
メイクが出来るのは一週間に一度。
それも数時間だけでした。

アトピーによる湿疹や飛び火……
多くのトラブルを抱える
自分の肌と向き合っていく中で、
私が使えるよう、
添加物を一切使わない化粧品をレシピにし、
改良を重ね、商品化したものが
LACR(ラクル)です。

本当は素肌でいるのが一番楽なんです。

ただ、「オン」の私は、300点の私でありたい。

いつ、誰と出会うか分からないからこそ、
不意に訪れるチャンスも
必ずモノにできる人でありたいんです。

本物の無添加コスメ
「LACR」

 

普段使っている製品と、
成分表を比べてみて下さい。
例えば、LACRのシアバターの成分は
未精製のシアバターのみ。

肌に直接触れるものだからこそ、
高品質な成分と加工方法に
こだわり続けています。

まるで添加物を使用していないかのような
「パラベンフリー」も、
パラベンは使用してはいないものの、
他の防腐剤を使用している
というのが実情。

肌は1日2日でつくられるものではありません。
添加物や生活習慣で
肌のターンオーバーを乱せば、
そのツケを払うのは、5年後、10年後の自分です。

LACRが掲げるのは、
単なるキャッチコピーではなく
「本物の無添加」です。

肌のことを思えばこそ、
知って欲しいことが山ほどあります。

LACRは、
ただのコスメブランドとしてだけではなく
「肌と向き合うきっかけ」
になればと思っています。

大谷 沙希子